So-net無料ブログ作成
検索選択

僕のいた時間 8話 あらすじ ネタバレ 感想 予告 遂に恵が拓人の元に! [僕のいた時間]

スポンサーリンク






僕のいた時間 8話 あらすじ ネタバレ 感想 予告 遂に恵が拓人の元に!


僕のいた時間 8話
2014年2月26日(水) 22時00分~22時54分



前回の放送では
拓人(三浦春馬)と恵(多部未華子)守(風間俊介)たちで
ご飯を食べることに。



気をきかせ拓人と恵の二人っきりになった時、
そこに繁之からの着信が。



必死に浮ついた気持ちがないことを伝え、
繁之への気持ちを確かめる。




拓人のヘルパーさんが出来が悪いので恵に
拓人の世話をしてほしいと頼む守に繁之は心良くオッケーを出した。





拓人との時間が増えた恵は一緒に買い物に行ったり
ご飯を作ったりとあの時のような空間に幸せを感じていました。




そして二人で手紙を埋めた海に行くと
もう会わない約束をし、ギュっと抱き合う二人。




まじで神回でした。
予告には拓人と恵が言い争うシーンが出て来ていたので気になる
ところですね。



Unknown-1.jpeg



さあ



僕のいた時間
第8話のあらすじ ネタバレです。




拓人(三浦春馬)は、恵(多部未華子)が何度か自宅に手伝いに来てくれたことを
守(風間俊介)に話す。




恵と繁之(斎藤工)に会いに行き、拓人の手伝いを頼んだのは守だった。
一方、恵は「一緒に暮らすことはできない」と繁之に伝える。





恵とともに恵の自宅に戻った繁之は、「急ぎ過ぎたのかもしれない」
と恵の母・翔子(浅田美代子)に話す。






主治医の谷本(吹越満)を訪ねた拓人は、
広告の仕事で一定の成果を上げたことを報告する。




拓人自身は、できるだけ長くいまの職場で働くことを望んでいたが、
パソコンのマウスを動かすことができなくなったら仕事を
辞めて山梨の実家に帰ることも考えていた。





拓人が家に戻ると、陸人(野村周平)が来ていた。
実家にいても大学に戻れとしか言われないため、
出てきてしまったのだという。  




そんな折、拓人のもとに翔子がやってくる。
そこで翔子は、恵が「繁之とは一緒に暮らせない」と
言い出したことを拓人に打ち明ける。





拓人は、「会って話がしたい」と恵にメールを送った。
恵に会った拓人は、「早く繁之と一緒に暮らした方が良いのではないか」と助言する。




恵は、そんな拓人に、「一緒にいたい」と自分の気持ちを伝える。
しかし拓人は、「生きているだけで精一杯の自分は、
誰かの役に立てなくなり、誰かのために何もしてあげられない」と返し・・・。


第8話予告動画です。










また詳細分かり次第追記します。

僕のいた時間 8話 あらすじ ネタバレ 感想 予告 遂に恵が拓人の元に!



スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。